県外(福岡・博多)

2017年3月 5日 (日)

小倉鉄なべ エキナカ店

Dscn9298_385x288

Dscn9301_385x289

今日は会計事務所の出張で、九州の小倉へ。九州久しぶりですね。仕事が終わって、新幹線の乗り換えで小倉駅にて。駅ナカになる地元で有名な鉄板餃子のお店「小倉鉄なべ」さん。大箱にも関わらず多くのお客さんがひっきりなしに楽しんでおられます。ここはビールがサッポロの赤星。うれしいですね。アツアツの餃子とよく合います。

小倉鉄なべ エキナカ店

北九州市小倉北区浅野1-1-1
小倉駅新幹線改札口正面2F
〈営〉11:00〜24:00 [LUNCH]11:00〜15:00
〈休〉無休
http://tetsunabe-g.com/

|

2011年4月25日 (月)

SCARECROW@中州

Cimg5353

福岡出張のさいに連れて行っていただいたBAR「SCARECROW」です。中州の橋のたもとにあるお店で、建物自体はカジュアルな建物ですが、中に入ってビックリ。クールな大人な感じの渋いお店です。

中州の屋台を楽しんだあと、ちょっとクールダウンするのにもってこいのお店です。朝3時まで営業されているとのこと。私も今日はちょっと飲みすぎました・・・。

http://www.scarecrow.cc/

|

2011年4月 7日 (木)

中州の屋台

Cimg5351

Cimg5356

Cimg5358

「博多に来たらやっぱり中州の屋台でしょう・・・」

たったこの一言で、なぜか深夜の屋台へGO!次から次にお客さんが来られ、だんだん座る席が端へ端へと追いやられていきます。焼き鳥やおでんをつまみながらビールでわいわいしゃべるのは楽しいもんですね。

この気取らない雰囲気が、博多っ子の懐の広さなのでしょうか?

|

2011年3月13日 (日)

NIKKA BAR NANASHIMA

Cimg5346

Cimg5349

博多でどこか良いバーがありませんか?ということで教えていただいたBAR NANASHIMA」です。なんと1958年創業ということでもう50年以上も続いているバーだそうです。バーテンダーさんももう70代ということで、さすがの貫禄です。もちろんマスターの七島さん以外に若いスタッフが多数おられ、満席でごったがえす店内でサービスを一生懸命こなしておられました。結構テーブル席も席数多いのですが、すべて満席という繁盛ぶり。なかなかすごいお店でした。

NIKKA BAR NANASHIMA
博多区中洲4丁目2番18号 水上ビル1F
(092)291-7740

|

2011年3月10日 (木)

博仏ダイニングKINOSHITA

Cimg5343

Cimg5342

先日の久留米の酒びらきの帰り、博多で食事をしようという話になり、さんざん日本酒を飲んだ後だったので、気分を変えて、イタリアンにしようと同行の地元の方にリクエストさせていただいて、一緒に行ったお店が「博仏ダイニングKINOSHITA」でした。シェフの方は若い方でしたが、非常に丁寧に接客していただき、気持ちよく食事ができました。営業時間はなんと朝6時まで、ということで、やっぱり博多は都会ですね。こんなお店が朝まで開いているとは・・・。

一番印象に残った料理は、写真の「テリーヌ」。テリーヌというと、パテのようなムースのような食感をイメージしていたのですが、写真の通り、素材がゴロっとした感じの一品で野菜の食感が楽しめるテリーヌでした。地元の野菜をふんだんに使っているという説明でした。

OPENしてまだ数カ月ということでしたが、早くも常連さんがたくさんおられるみたいで、小さい店内は満席。良いお店でした。

http://r.tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40025396/

|

2011年3月 4日 (金)

城島酒びらき

Cimg5334

Cimg5339

Cimg5333

Cimg5341

福岡県久留米市は実は隠れた日本酒の酒どころ、ということで、久留米の「城島酒びらき」というイベントに行ってきました。普段この城島というところは静かな町だと思うのですが、今日だけは、九州を中心に7万人近い人がこのイベントを楽しみに集まります。

今回は第17回ですが、第1回はたった100人しか人が集まらなかったと聞きました。まさに継続は力なりですね・・・・。

会場の写真については、博多では定番の「角打ち(カクウチ)」という立ち飲みスタイルで、いろんな日本酒をたのしみます。いつも思うのですが、博多の人は人情に厚いというかサービス精神旺盛というか、おもてなしの心でいっぱいですね。

お腹だけでなく、心もあったかくなれる日本酒イベントでした。

|

2011年2月28日 (月)

お石の茶屋@太宰府

Cimg5322

Cimg5316

先日、太宰府天満宮に行ったことはブログに載せましたが、その太宰府は「梅ヶ枝餅」が非常に有名です。

天満宮の裏庭の奥のほうにひっそりとある昔からのお茶屋さん「お石の茶屋」で小休憩。名物の梅ヶ枝餅を特製の梅昆布茶と一緒にいただきました。焼き立てが本当に美味しいですね。

ここは食事もできますので、食事をされる方は、天ぷらそばがオススメです。季節の野菜を薄衣でさっくり揚げられていて、ボリュームもたっぷりあります。

|

2011年2月23日 (水)

飛梅伝説

Cimg5327

Cimg5328

Cimg5325

太宰府で一番見たかったのは、実は「飛梅伝説」でした。

901年(昌泰4)、時の右大臣であった菅原道真は、藤原氏の陰謀により突如大宰権帥に左遷されることになりました。
いよいよ故郷である都を離れる日、幼い頃より親しんできた自宅の庭の紅梅殿の梅に、

” 東風(こち)吹かば にほひおこせよ梅の花 あるじなしとて春なわすれそ ”

と詠いかけました。すると、あるじ(道真)を慕った梅が、道真が太宰府に着くと、一夜のうちに道真の元へ飛んで来たといわれています。

樹齢1000年という梅ですが、千年前と変わらず今年も小さなつぼみをつけていました。春にはすばらしい梅の花を咲かせてくれることと思います。

太宰府は春ですね。

|

2011年2月14日 (月)

太宰府天満宮

Cimg5311

Cimg5314

Cimg5315 

はじめてのカテゴリー「福岡・博多」です。先日2月の寒い日でしたが、福岡の太宰府天満宮に行ってきました。

太宰府は梅で有名ですが、ちょっとまだ時期が早かったですかね。冷たい雨が降りしきる寒い中で、学生さんやその家族が学業成就、合格祈願のために絵馬に祈りを込めます。学生さんの思いを受けて、雨の中じっと耐え忍んでいる絵馬たち・・。

受験の力試しの結果、「サクラサク」春が来ることを楽しみに。

|