海外

2020年1月 4日 (土)

粤厨点心专门店 (尖沙咀)

Dscn8043_385x289

Dscn8035_385x289

Dscn8039_385x289

Dscn8041_385x289

朝から遅くまで空いている飲茶の専門店「粤厨」さんです。朝8時~23時までやっています。カジュアルなお店なので、接待等には向きませんが、注文は日本語メニューつきのオーダーシートですし、値段も安く、味も美味しく、ボリュームもあって・・・、行列もない。安心感という点では、私の中ではオススメのお店の1つです。

粤厨点心专门店 (尖沙咀)
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294217-d4928934-Reviews-Canton_s_Dim_Sum_Expert_Tsim_Sha_Tsui-Hong_Kong.html

|

2020年1月 3日 (金)

gloucester luk kwok hotel@香港

Dscn8115_385x289

Dscn8143_385x289

Dscn8144_385x289

Dscn8145_385x289

Dscn8149_385x289

Dscn8152_385x289

Dscn8148_385x289

Dscn8147_385x289

今日は夜、香港の会計事務所のかたとの会食でした。ワンチャイにあるホテルのレストランにてディナーでした。香港の方はだいたい20時くらいから食事されるかたが多いみたいですね。18時まだガラガラの店内でしたが、食後に退席する頃には席は満席でした。日本人でも食べやすく上品な中華でした。

72 Gloucester Road, Wanchai, Hong Kong.

icon02Tel: (852) 2866 2166 Fax: (852) 2866 2622
http://www.gloucesterlukkwok.com.hk/dining/

|

2020年1月 2日 (木)

生記粥品專家@香港

Dscn8113_385x290

Dscn8109_385x289

Dscn8112_385x289

Dscn8110_385x289

上環にある老舗のお粥やさん「生記粥品專家」です。場所はわかりにくいですが、ネットでは結構有名なお店です。秘伝の出汁で3-4時間煮込まれるとろとろのお粥が異に優しい感じです。日本語や英語は通じませんが、指さしや片言で何とかなります。私が注文したのは「魚球鶏粥」。魚のすり身と鶏肉が両方入っている贅沢なお粥です。ちなみにボリュームも結構あります。

生記粥品專家
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g294217-d2719190-Reviews-Sang_Kee_Congee_Shop-Hong_Kong.html

|

2020年1月 1日 (水)

金牌小龍 尖沙咀店@香港

Dscn7980_385x289

Dscn7976_385x289

Dscn7979_385x289

Dscn7983_385x289

香港の人気の飲茶店「金牌小龍 尖沙咀店」さん。有名なショッピングモールTheOneの4階にテナントで入っています。清潔な店内と日本語メニュー。利用しやすさもばっちりです。私は名物の小龍包と、昆布の蒸しもの。どちらも美味しく頂きました。

金牌小龍 尖沙咀店

http://tabelog.com/hongkong/A5201/A520101/52000182/

|

2019年12月31日 (火)

頂好海鮮酒家@香港

Dscn8120_385x289

Dscn8128_385x289

Dscn8123_385x289

ここは香港の有名店「頂好海鮮酒家」さんです。お昼は飲茶だけでなく普通の中華料理がメインのようですが、飲茶のメニューを要求すると、こそっと出してくださいます。ここもオーダーシートで注文できるので、日本人にも簡単です。大きいお店なので、店員さんを呼ばないと相手にしてもらえませんが、それ以外は快適にランチ出来ました。

頂好海鮮酒家

香港尖沙咀彌敦道90-94號
http://tabelog.com/hongkong/A5201/A520101/52000540/

|

2019年12月30日 (月)

Buonasera@香港

Dscn8102_385x289

Dscn8098_385x289

Dscn8100_385x289

香港で日本語が恋しくなって、つい日本人のかたが経営されているバーBuonaseraさんへ。このお店はお客様のほぼ半分が日本人。今日もたまたま日本人の方がグループでおられて店内はほぼ日本語でした。カクテルは日本のカクテル「雪国」を。香港で注文されることはほとんどないということでした。そりゃそうですね。

Bar Buonasera

7/F, Mody House, 30 Mody Rd, Kowloon City, 香港
https://ja.foursquare.com/v/bar-buonasera/50f80af4e4b083eac26d3381

|

2019年12月29日 (日)

インターコンチネンタルホテル@香港

Dscn8013_385x288

Dscn8032_385x289

Dscn8007_385x289

九龍のハーバーで有名なインターコンチネンタルホテル。ここのロビーバーは香港の夜景が一望できることで有名です。たまたまオーシャンビューの席に座ることができました。注文したのは、オリジナルカクテルのHONGKONG SKYSKRAPER 。レシピに柚子が使われているのが和食ブームですね。外人さんで一杯のラウンジですが、夜景を見ながら香港ムードに浸ることができました。

インターコンチネンタルホテル

http://www.hongkong-intercontinental.jp/lobby_lounge.html

|

2019年12月28日 (土)

蓮香楼@香港

Dscn7958_385x288

Dscn7952_385x288

Dscn7948_385x289

Dscn7945_385x289

香港で最も庶民的でもっとも人気のあるお店「蓮香楼」さん。朝6時から夜22:30まで地元の常連さんでいつでもにぎわっています。蓮香楼さんは、そもそもは80年前に、100年以上の歴史がある広州の本店から香港支店を出すという形でできたのだそうです。だから食器に「香港 蓮香楼」と書かれているそうです。でも広州の本店は、1949年の中華人民共和国成立後に、中国政府に接収されたそうで、その後香港経済の上向く70年代には、今に続く香港の外食文化が発達していきましたが、その当時のメニューは、今蓮香楼で出しているような定番メニューが主でした。その後80年代ともなると、世の中はバブル真っ只中、高級志向の追及と、手間のかかる料理が減っていったということもあり、手間暇かけてつくる定番メニューが多くの店から消えていったのでした。蓮香楼も、1986年から1996年までは、夜の部は営業していませんでした。しかし、夜の部に出てくる定番メニューを懐かしむ声が多かったこともあり、1996年に現在の場所に移転したのを機に、夜の部を再開したのでした。未だに、安い料金を維持しながら庶民的な営業を維持してくださっていることに感謝。

蓮香楼

http://www.hongkongnavi.com/food/15/

|

2019年12月27日 (金)

稲香@香港

Dscn8047_385x288

 

Dscn8049_385x289

Dscn8051_385x289

Dscn8053_385x289

Dscn8054_385x289

Dscn8055_385x289

Dscn8058_385x289

Dscn8059_385x289

Dscn8061_385x289

Dscn8044_385x289

今日は現地の人と一緒に交流会。ランチから大宴会になりました。会場は地元の有名チェーン店の「稲香」さん。カジュアルなお店から高級店まで多様な業態で飲食店を展開されている企業グループです。料理は点心からはじまって、お約束の北京ダック、そして卵白と貝柱の料理。カニのような味がするから不思議です。最後まで満喫できました。香港ではミニマムチャージという考え方があって、一人いくらという予算を伝えると、それまでは食べ放題だし、それ以下でも最低限その料金を取られるというシステムです。ですから1-2品で終了ということが許されません。家賃の高い香港のレストランらしいシステムですね。 

稲香

http://www.taoheung.com.hk/tc/home/index.html

|

2019年4月29日 (月)

神仙ソルロンタン (明洞店)@韓国

Imag0254_385x519

Imag0253_385x285
Imag0250_385x285

Imag0252_385x285

夜の明洞。若い人がいっぱいですね。最後に訪れたのは、神仙ソルロンタン (明洞店)さん。30年以上の伝統を誇る老舗です。お店の名前からもわかるように、ソルロンタン(牛の頭・足・ひじ肉・骨・内蔵などを煮たスープ)の専門店。1980年、江南のチャムウォン(蚕院)に第1号店がオープンしてから、あまりの人気に今ではソウル中にフランチャイズのお店を展開。店内も明るく、接客も丁寧で安心して利用できます。日本語メニューも充実しています。コクのあるスープとあっさりした肉が特徴のこのお店。さて明日は早朝一番の便で岡山に帰ります。

神仙ソルロンタン (明洞店) 
http://www.seoulnavi.com/food/75/

|

より以前の記事一覧