海外

2018年1月 6日 (土)

The Nine (ホテルオークラ内)@台北

Dscn7475_385x289_2

 
Dscn7480_385x289
 
Dscn7548_385x289
 
Dscn7550_385x289
 
台湾旅行の最終日。お土産に買ったのは、近くのホテルオークラの中にあるパン屋さん「The Nine」。そこでお土産用に行っているのが定番の「パイナップルケーキ」。包装がとてもおしゃれですね。一目ぼれして、買っちゃいました。
The Nine
http://www.okurataipei.com.tw/jp/

|

2018年1月 5日 (金)

金品茶樓@台北

Dscn7537_385x289

 
Dscn7518_385x289
 
Dscn7519_385x289
 
Dscn7521_385x289
 
Dscn7526_385x289
 
Dscn7523_385x289
 
Dscn7530_385x289
 
Dscn7534_385x289
 
Dscn7536_385x289
 
金品茶樓(ジンピンツァーロウ)さん。茶葉を扱って30年の歴史がある金品茗茶が開いたレストランです。晶華酒店(リージェントホテル)のそば、高級ブティックが並ぶ目抜き通りの中、繊細な手法が使われた自慢の小籠包や江浙料理が楽しめます。
ここは、鼎泰豐で長年修行したシェフ張瑞慶氏が作り出す様々なお料理が人気です。内装も、赤、褐色、ゴールドを基調としたインテリアで、ゆったりと食事を楽しむことができます。
7枚目の写真は、蟹黃豆腐煲というカニの卵と豆腐の煮込み。きれいな黄色の蟹餡には豆腐や蝦、春雨、新鮮な野菜などが入っていてすべての食材の味が餡に絡まっています。最後の写真は、美味烤方/豚ばら肉の煮込み。厳選した豚ばら肉を四角く切り、氷砂糖、醤油などでゆっくりと時間をかけて煮込んでいます。おすすめの食べ方は約2cmくらいの厚めに切ったお肉とソースをにんにくの茎や香菜とともに、貝殻型に蒸したパンの間に挟んでいただく方法です。たしかに、こうするとばら肉の脂っぽさやしつこさが消え、食べやすかったです。
金品茶樓
住所 台北市長春路16號
アクセス MRT中山駅3番出口から徒歩約7分
電話 02-2511-7506
営業時間 11:00-14:00 / 17:00-21:00
定休日 
http://www.tabitabi-taipei.com/html/data/10608.html

|

2018年1月 4日 (木)

鼎元豆漿@台北

Dscn7449_385x289

Dscn7450_385x289
 
Dscn7455_385x289
 
Dscn7461_385x289
 
台北のあさんぽ。元中正紀念堂横の老舗の中華の朝ごはん屋さん「鼎元豆漿」さん。こちらは50年の老舗で、お店は地元のかたでいっぱいでした。朝は4時から11時半まで、朝早くからお客さんが途切れることはありません。
ここでの人気は、飯團、ニラ入り水煎包、焼餅加蛋、鹹豆漿など。私が注文したのは、飯團(日本でいうおにぎり)、韮煎包と台湾の朝ごはんの定番「鹹豆漿」。豆乳の味がとても優しい味で、美味しかったです。高級な料理よりもこういった庶民の味が滋味深くて良いですね。私は注文しませんでしたが、小籠湯包は8個入りがなんと90元!同じ味なのに高級店よりずっと安くてお得です。メニューはありますので、それを指さししながら、身振り手振りで頑張って注文してみましょう。
鼎元豆漿
台北市金華街 30 号之11 
電話番号(02)2351-8527
営業時間 4:00~11:30
http://www.taipeinavi.com/food/665/

|

2018年1月 3日 (水)

阿萬鵝肉 晴光市場@台北

Dscn7433_385x289

 
Dscn7434_385x289
 
Dscn7441_385x289    
 
Dscn7443_385x289
 
Dscn7447_385x288    
 
台湾といえば夜市ですよね。有名なのは士林夜市ですが、「人が多すぎる」ということで地元の人に連れて行ってもらったのが、晴光市場。小さく素朴な夜市で、懐かしい雰囲気で良かったです。ここで地元の人に一番人気のお店が「阿萬鵝肉」さん絶品のガチョウ
鹹水鵝 100元です。身振り手振りで鵝鳥(アーロウ)を注文すると、肉を掴んで中華包丁でバンバンと切ってそのままの手でお釣りと袋を渡してくれるので、受け取ったこちらの手も当然油まみれ。 骨付きの蒸したガチョウは、塩味で肉がしっとりしていて、蒸し鶏好きにはたまらない味。
続いて、調子に乗って挑戦したのが、これまた台湾名物の「臭豆腐」。人から「とても臭くて食べれたもんじゃないよ」と聞いていたのですが、いざ自分で食べてみると、案外平気で、美味しくいただきました。納豆のような香ばしさで、ビールにもよく合いますよ。
阿萬鵝肉
02-2591-2237
台北市中山區雙城街17號之1
12:00-24:00

|

2018年1月 2日 (火)

天外天精致麻辣火鍋@台北

Dscn7406_385x289_2

 
Dscn7410_385x289
 
Dscn7417_385x289
 
Dscn7420_385x289
台北で人気の火鍋のお店。なんと朝7時まで営業。人気のあまり、私が予約をとれたのも夜21時以降。ひっきりなしにお客さんが入ってきます。システムは簡単。好きなスープの種類を選べば、飲み放題食べ放題で2時間。すべてセルフサービスで食材を取って鍋に入れます。食材の種類が豊富なので、実際にやってみると楽しいですね。飲み物もビールやジュール、アイスクリームまですべて自分で取り放題。こんなシステムも「アリ」ですね。
平日のランチは、おひとり様につきNT$449(別途10%サービス料が加算後はNT$494)で満喫でき、大変おトクです!
天外天精致麻辣火鍋(台北)
http://tianwaitian.com.tw/phone/

|

2017年12月31日 (日)

十份@台北

Dscn7375_385x289
 
Dscn7380_385x289
 
Dscn7381_385x289
 
九份のとなりにある十份。あまり有名でない小さな町ですが、私としてはもっとも印象に残った町でした。なんと鉄道の線路(週に1度くらい、本当に汽車が通るそうです)をまたいで、ちょっとした商店街になっています。この町でユニークなのは、写真の気球。紙を買って自分の願いを書いて、空に飛ばします。人の願いは日本もどこの国も同じ。人の心は誰しも同じですね。とても幻想的な風景で、心が洗われました。

|

2017年12月30日 (土)

阿妹茶酒館 (九份)@台北

Dscn7367_385x289

 
Dscn7365_385x289
 
Dscn7355_385x289
シーフードでお腹がふくれた後は、人気の観光地「九份」へ。
そこの人気の茶樓「阿妹茶樓」さん。
九份といえば、宮崎駿さんの「千と千尋の神隠し」のイメージモデル。宮崎駿氏は、インスピレーションを求めて台湾の南部から北部をまわったそうです。その台湾の旅の終りにこのお店に入られたそうです。2時間ほど、ほとんどスケッチをして過ごしておられたそうです。
茶芸館のお茶メニューを見ますと、台湾各地で採れた様々なお茶がそろっています。店のおすすめは「梨山烏龍茶(1000元)」と「凍頂烏龍茶(600元)」。茶湯代は一人100元です。お茶請けも種類が多く、どれも手造りの美味しさです。お茶は、お店の方が最初は模範で入れてくださいます。入れてもらったお茶は、凍頂烏龍茶ですが、深みがあってしみじみと味わえる味でした。たぶんこの雰囲気も一役買っているのかもしれません。
阿妹茶酒館 (九份)
http://www.taipeinavi.com/food/276/

|

2017年12月29日 (金)

環港活海鮮@台北 基隆

Dscn7311_385x289

 
Dscn7314_385x289
 
Dscn7318_385x289
 
Dscn7323_385x289
 
Dscn7326_385x289
 
Dscn7328_385x289
 
Dscn7319_385x288
 
Dscn7325_385x289
 
Dscn7332_385x289
 
Dscn7333_385x289
 
Dscn7329_385x289
 
Dscn7324_385x289
 
九份に行く途中に立ち寄った和平島。小さな港町です。当然、シーフード。一番人気の環港活海鮮さん。生け簀を見ながら食材を選んで、調理方法を決めます。お店やさんに任せると、ついつい伊勢海老とか高い食材を勧められるので、要注意です。
でもそれでも、値段は台北中心部に比べると半分。当然鮮度もバッチリ。台北市内よりも断然オトクです。
和平島環港活海鮮 
202 基隆市基隆
電話番号 +886 2 2462 6567
営業時間 月 - 日: 10:30 - 21:00

|

2017年12月28日 (木)

圓山老崔蒸包@台北

Dscn7271_385x289

Dscn7270_385x289
 
Dscn7266_385x289
 
Dscn7267_385x289
台北の朝、あさんぽ。ホテルの朝食はキャンセルして、裏通りのB級グルメへ。台北市で食べられる、幻の肉まん「蒸包」(ジェンバオ)です。 厳密にいえば、肉まんと餃子の中間的な料理です。蒸包が食べられるのは、『圓山老崔蒸包』というお店。ここに食べられる料理はたったの2種類。蒸包と、トロトロスープの酸辣湯(スーラータン)だけです。ですから、言葉は通じないのですが、指さし確認で簡単に注文できました。
中には豚肉がたっぷり。値段がとても安いのに、こんなにボリューム満点でいいんでしょうか?庶民の味方ですね。
圓山老崔蒸包
住所: No.33, Lane 137, Section 2, Zhongshan N Rd, Zhongshan District, Taipei City
時間: 05:00~13:00
休日: 月曜日
ルート: 地下鉄中山国小駅から徒歩約2分
http://photrip-guide.com/2015/01/15/taipei-nikuman/

|

2017年12月27日 (水)

又一村@台北

Dscn7261_385x289

Dscn7258_385x289
 
Dscn7252_385x289
 
Dscn7257_385x289
深夜の台北。夜3時までやっている餃子のお店「又一村」。カジュアルな雰囲気でリーズナブルに美味しい餃子が楽しめます。注文はテーブルにオーダーシートがあるので、言葉が通じなくても大丈夫。写真は、韮菜水餃(ジューツァイシュエイジャオ)1個5元。皮が特徴的でとても美味しかったです。
又一村(林森店)
台北市林森北路85巷47號
営業時間:11:30~翌3:00
http://www.tabetaiwan.com/archives/23302453.html

|

より以前の記事一覧