« お好み焼き「貴家。」 | トップページ | 食門来福/優々庵@磨屋町 »

2010年1月21日 (木)

ブルームーン

Cimg01891_2 

今日、BAR北田で教えていただきました。今月は何年かに一度の珍しい「ブルームーン」の月だそうです。ブルームーンとは何ぞや?と「ブルームーン」というカクテルを飲みながら、聞きました。「ブルームーン」というカクテルに”できない相談”という意味があることは知っていましたが、こういった由来があるとは知りませんでした。

ウィキペディアより
月の満ち欠けは、平均約29.5日を周期として繰り返される。月の長さは2月を除けば30日か31日で、月の初めに満月になると、その月の終わりに再び満月が巡ってくる。ひと月のうちに満月が2回あるとき、この2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶ。本来、大気中の塵の影響により月が青く見えたことを「ブルームーン」と言っていたが、1946年に「Sky & Telescope」誌の誤解により、ひと月のうち2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶようになった。このとき、特に1回目の満月を「ファーストムーン」、2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶ場合がある。  「ブルームーン」は、断定は出来ないものの、3年ないし5年に1度の周期で起こる。満月になった瞬間、さらに見える地域に限定されるので、それぞれの場所、国によって「ブルームーン」だったり、そうでなかったりする。但し、辞書において「ひと月に2回満月があるときのこと」などという記述は見つからず、大抵の場合は「大気のちりの影響で青く見える月」と記載されている。また、月が青く見えるのはあまり頻繁には起こらないことから、「ブルームーン」は「めったに起こらないような珍しい出来事」の意味で、慣用句として使われることが多い。

また、「ブルームーン」を見ると幸せになれるという言い伝えがある。

|

« お好み焼き「貴家。」 | トップページ | 食門来福/優々庵@磨屋町 »