« 回転寿司事情&アミパラ | トップページ | たこ焼き「わなか」(大阪なんば) »

2009年7月20日 (月)

夏のアルコール③モスコミュール

Cimg1008

写真は、錫のマグカップに入れられたモスコミュール。ウォッカをベースに、ジンジャーエールとライムを入れるのが、通常のレシピです。私の好みは、ジンジャーエールをドライ(辛口)にしてもらい、ライムの代わりにレモンを搾るスタイルです。

レモンを入れるのは、東京の老舗のBARルパン(Lupin)で飲んでからです。そこはフレッシュなレモンではなく、レモンシロップを使うのですが、理由を尋ねたところ、「戦争中ライムやレモンは禁制品で、日本には無かったから・・」ということです。歴史に基づいて現代でも常連さんのために味を変えない姿勢に脱帽。今でも営業されているので、皆さんも銀座に行った際には訪れてみて下さい。(¥は高くはありませんが、めちゃめちゃ混んでいるので、早い時間がオススメです)

BARルパン

http://www.lupin.co.jp/

|

« 回転寿司事情&アミパラ | トップページ | たこ焼き「わなか」(大阪なんば) »